神戸離婚協議書作成相談所

離婚の種類

 

年間20万件以上にのぼる”離婚”ですが、当事者同士で話し合って決める「協議離婚」・家庭裁判所で決める「調停離婚」・「審判離婚」・訴訟中に当事者が歩み寄る「和解離婚」・裁判の判決による「判決離婚」と様々な形態があります。
因みに、当事者同士で決める「協議離婚」が90%弱を占めています。

 

離婚の種類記事一覧

協議離婚について

当事者同士で話し合い離婚届を提出する形で、離婚の形態としては一番簡単な手続きになります。離婚の意思をはじめ、離婚後のことを当事者同士で話し合い、取り決めますので、当事者同士の意志や主張がが反映されやすい特徴があります。日本の離婚の9割弱が、この形態で手続きしていますが、非常に簡単なため、感情的になっ...

≫続きを読む

 

調停離婚について

当事者同士の話し合いができないときや、進まないときに、家庭裁判所に間に入ってもらって、離婚するかどうかや離婚の条件を話し合うのが離婚調停です。正式には、「夫婦関係調整調停」と言います。夫婦関係調整調停には、離婚しようとするだけではなく円満を目指す場合もありますが、離婚を希望して申し立てるものを、一般...

≫続きを読む

 

裁判離婚について

離婚調停が成立しない場合、家庭裁判所から発行される「調停不成立証明書」に必要書類を添付して、離婚訴訟を提起することになります。離婚に関する様々な取り決めごとを訴訟内容に含めることができますが、裁判で離婚が認められるためには「法廷離婚事由」が必要で、証拠をそろえて証明する必要があります。離婚裁判となる...

≫続きを読む