神戸離婚協議書作成相談所

離婚協議書について

 

協議離婚のページで書きましたが、離婚には決めておくべき問題がたくさん在ります。
協議離婚は、夫婦間で合意して離婚届を提出し受理されれば成立してしまいます。この自由とスピードは、最大のメリットでもありデメリットでもあります。
簡単にできてしまうからこそ、様々な問題を口約束で済ませてしまいがちになります。

 

離婚の各種問題を口約束で済ませてしまうと、離婚後に大きなトラブルが生じる可能性も出てきます。
将来起こり得る問題を、小さなことでもこと細かく記録にして書面に残すことが、トラブルを事前に防ぎ、安心した生活の第一歩になると言えます。

 

そのため、口約束ではなく「離婚協議書」として書面に残しておくことを強くオススメしております。
離婚協議書を作成しておくことは、後の紛争防止のためには必要不可欠ですが、作成にあたっては、将来的に無効になったりしないよう十分注意して作成しなければなりません。

 

離婚協議書は離婚後でも作成可能ですが、離婚前に作成するのが一般的で、離婚後よりも問題なくスムーズに作成できます。
離婚協議書の形を作ってから具体的に内容を話し合う夫婦もいらっしゃいました。
離婚届を提出する前に、ご夫婦で先々のことをじっくりと話し合ってから、最終的な離婚の条件を合意し、その内容を離婚協議書として残しておいてください。

 

 

では、離婚協議書の内容について書いていきます。

 

 

 


 

離婚協議書記事一覧

離婚協議書の内容

離婚協議書の内容について書いていきます。まずは、離婚に合意した旨を記載します。”甲と乙は離婚することに同意した”というような文章ですね。いつ、誰が離婚届を提出するかも明記しておけば、後々わかりやすいですね。それでは、他の項目についても、わかりやすく解説していきます。最後には、精算条項(合意したこと以...

≫続きを読む