神戸離婚協議書作成相談所

離婚協議書の内容

 

離婚協議書の内容について書いていきます。
まずは、離婚に合意した旨を記載します。
”甲と乙は離婚することに同意した”というような文章ですね。
いつ、誰が離婚届を提出するかも明記しておけば、後々わかりやすいですね。

 

 

それでは、他の項目についても、わかりやすく解説していきます。

 

最後には、精算条項(合意したこと以外には財産上の請求をしない)を付けておくと、それ以外の事項について、お互いに金銭の請求ができなくなります。


 

離婚協議書の内容記事一覧

慰謝料

慰謝料は、不貞行為・暴力行為・悪意の遺棄などの行為が離婚の原因となった場合、原因を作った側が、精神的苦痛を受けた側に支払う「損害賠償」です。離婚の原因行為から生じる精神的苦痛と、離婚から生じる苦痛の2点に対して請求することができます。慰謝料は有害行為の程度、婚姻期間、収入などを考慮して金額を決定し、...

≫続きを読む

 

財産分与

財産分与は、結婚期間中に夫婦お互いが築いた共有財産を、離婚時に精算して分け合うことです。財産の名義はどちらの名義でも関係ありません。財産分与の割合は、夫婦共働きでも、専業主婦でも、夫婦で家業をしている場合でも原則として半分とされていますが、夫婦が共有財産にどれだけ貢献したか、寄与度によって割合を決め...

≫続きを読む

 

養育費

養育費とは、子どもが親から自立するまで養育する費用のことを言います。具体的には、教育費・衣食住・文化費・交通費・医療費等、子どもを監護、教育するために必要な費用です。養育費の額は、資力、学歴、生活水準等、家庭環境を考慮しての判断となり、夫婦の話し合いによって決めます。月4万円から6万円程度が、全体の...

≫続きを読む

 

親権・監護権

未成年の子どもがいる場合、離婚届に記入しなければならず、記入なしでは離婚届が受理されません。親権は、子どものために設けられた制度であり、子どもを養育監護すること、この財産を管理することです。親権者をどちらにするか、まず夫婦間で話し合いますが、まとまらなければ家庭裁判所に親権者を定める申し立てを行うこ...

≫続きを読む

 

面会交流

子どもとの交流について、何度あえるか、時間・場所などについて、また、入学式や運動会、参観日・卒業式などに出席するかなどを決めておきますが、子どもの意志を考えない取り決めは、実際に行う段階で支障が生じることも考えられます。面会交流は、親であれば誰もが持っている権利ですが、子どもに悪影響を与えることが考...

≫続きを読む

 

年金分割

婚姻期間中に支払った厚生年金と共済年金は夫婦共同で納めたものとみなして、将来の年金額を計算し、離婚時に公平に分割する制度が「年金分割」です。この年金分割制度の実施により、多くの専業主婦が救済されることになりました。専業主婦では、夫が支払った保険料の一部(最大50%)を妻が支払ったこととして、年金額が...

≫続きを読む