神戸離婚協議書作成相談所

慰謝料

 

慰謝料は、不貞行為・暴力行為・悪意の遺棄などの行為が離婚の原因となった場合、原因を作った側が、精神的苦痛を受けた側に支払う「損害賠償」です。
離婚の原因行為から生じる精神的苦痛と、離婚から生じる苦痛の2点に対して請求することができます。

 

慰謝料は有害行為の程度、婚姻期間、収入などを考慮して金額を決定し、
支払金額と支払期日・支払い方法などを明記します。

 

不貞行為の場合は、相手との親密度、男女関係があった期間などの各種事情を鑑み判断します。

 

慰謝料の相場は、50万円〜300万円くらいの範囲で認定されることが一般的ですが、収入や有害性の程度によっても変わります。
また、不貞行為が離婚の原因だった場合、既婚者であることを知って近づき、不貞行為を犯した相手に対して慰謝料を請求することも可能です。

 

価値観の相違や親族との折り合い、性格の不一致などをもって、離婚の原因として慰謝料請求することはできません。

 

慰謝料請求は、離婚の原因を知ったときから3年で請求できないと裁判所が認めることがありますので、早く請求しましょう。

 

 

 

 

関連ページ

財産分与
離婚後の幸せな生活のために作成しておくべき”離婚協議書”について
必要性をはじめ、内容や作成等についてわかりやすく説明します
養育費
子どもがいる家庭が離婚する場合は、その養育費について”離婚協議書”に明記しておかなければ後々トラブルの元となり得ます。
離婚後の養育費についてわかりやすく説明します
親権・監護権
未成年である子どもを監護、教育して財産・生活を管理する親の責任である、親権について説明します
面会交流
子どもとの面会交渉で”離婚協議書”に明記する内容
必要性をはじめ、内容や作成等についてわかりやすく説明します
年金分割
平成19年度以降認められるようになった年金分割についてわかりやすく説明します