神戸離婚協議書作成相談所

親権・監護権について

 

未成年の子どもがいる場合、離婚届に記入しなければならず、記入なしでは離婚届が受理されません。
親権は、子どものために設けられた制度であり、子どもを養育監護すること、この財産を管理することです。

 

親権者をどちらにするか、まず夫婦間で話し合いますが、まとまらなければ家庭裁判所に親権者を定める申し立てを行うことになります。

 

親権者を決める基準は

 

子どもの幸せや福祉に適合しているかどうか
(年齢・性別・発育状況・環境の変化に対する適応性・兄弟姉妹との関係・子ども自身の意向など)

 

父母が親権者として適合しているかどうか
(年齢・健康状態・性格・精神面)
(職業・収入・資産・生活態度・教育環境・住居環境・監護能力など)
(子どもへの愛情の程度・親族の協力など)

 

その他、様々な事情や環境を考慮して決定します。

 

<親権者の変更>
虐待や放置、親権者が病気など、正当な理由がある場合に限って、親権者の変更を家庭裁判所に申し立てることができます。
子どもの福祉・幸福の観点から妥当と認められるときは、児童相談所や親権者でない側の親からも申し立てることができます。

 

<監護権>
通常は子どもを引き取って育てる親が親権者と監護者を兼ねますが、例外として、親権者と別に監護者を定めることもできます。
父親がどうしても親権を得たいが、仕事の関係で子どもを監護することが難しいような場合で、あくまでも例外です。
親権の身分行為の代理権と財産監護権を切り離したものですので、子どもの法律行為のとき、親権者の同意を得なければならないといった問題が生じます。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

慰謝料
離婚後の幸せな生活のために作成しておくべき”離婚協議書”について
必要性をはじめ、内容や作成等についてわかりやすく説明します
財産分与
離婚後の幸せな生活のために作成しておくべき”離婚協議書”について
必要性をはじめ、内容や作成等についてわかりやすく説明します
養育費
子どもがいる家庭が離婚する場合は、その養育費について”離婚協議書”に明記しておかなければ後々トラブルの元となり得ます。
離婚後の養育費についてわかりやすく説明します
面会交流
子どもとの面会交渉で”離婚協議書”に明記する内容
必要性をはじめ、内容や作成等についてわかりやすく説明します
年金分割
平成19年度以降認められるようになった年金分割についてわかりやすく説明します